横浜 川崎で遺言 遺産相続に関する代行 相談はお任せ下さい。

亡き父の後妻が相続を仕切ってます。父の財産を私が独自に調べることはできますか?

相続財産調査 Q&A

亡き父の後妻が相続を仕切ってます。父の財産を私が独自に調べることはできますか?

相続人の財産の把握は、
遺言や相続人のメモ、相続宅に残された資料(不動産であれば権利証や固定資産税の納税通知書など、


預金であれば通帳、株式であれば配当通知書など)を確認しながら、進めていきます。


おそらく今回はその辺の情報は後妻の方が握られているのでしょうか。

もし、そういった情報を得られない他の相続人が、相続財産を調査しようとすると、かなり大変です。


不動産、預金、株式・・・というように、それぞれ個別に調査をかけていく必要がございます。

例えば、不動産については、各市区町村役所の固定資産税課で、相続人の名寄事項証明書を請求すると、相続人がその市区町村の中で所有している(固定資産税を支払っている)不動産が一覧になって出てきます。


注意すべきは、その市区町村内の所有不動産ですので、例えばA市の固定資産税課で出てくる名寄事項証明書には、A市の物件しか載ってきません。なので、ある程度あたりをつけて、相続人名義の不動産がありそうな市区町村に請求をかけていくことになります。

なので、相続人が、縁もゆかりもない(住所地や本籍地ではない)場所に不動産を持っていると、把握することは困難です。

預金に関しても、相続人が預金をもっていそうな、金融機関の支店にあたりをつけて、照会をかけていく必要があります。


このように、調査はかなりの労力を要する上、全体像を把握するのはかなり難しいです。



従いまして、むしろ相続財産のリストを後妻サイドで作成してもらい、それに対して、抜けていそうな財産・隠されていそうな財産につきピンポイントで調査をかけていくほうが、労力が少ないのではないでしょうか?





→ 相続財産調査 Q&A へ

→ トップへ  



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional