横浜 川崎で遺言 遺産相続に関する代行 相談はお任せ下さい。

→相続を放棄したい

MenuBar

相続放棄は、こんな方が対象です。

取立て屋「借りた金は返すのが筋だろ!」
父   「すみません。必ず返しますので・・・」

その後、父は、借金苦で自殺

取立て屋「親父の借金返さんかい!」
息子  「なんで私が?私には関係ないでしょ?」

このように、故人の借金がとても多い。借金は相続したくないという方が対象となります。


相続放棄の手続き

相続放棄は、家庭裁判所へ申述する必要があります。


相続の放棄に関する要注意ポイント【1】

相続人が、相続財産の全部又は一部の存在を認識したときから3か月以内に行わなければならない。 主張できる期間が意外に短いのでご注意を。

裁判所に書類が提出するまでが3ヶ月以内である必要があり、実際の審判が3ヶ月以内に出る必要があるわけではございません。



相続の放棄に関する要注意ポイント【2】

相続財産を使い込んだ相続人は、相続放棄をすることができません。借金に気付かずに、故人の財産をうっかり使ってしまった場合も同様です。

相続放棄の要注意ポイント【3】

相続放棄して場合、自分の息子娘に借金が相続されませんが、
父の兄弟に借金が相続されるかについては、父の兄弟が相続放棄を知った場合、借金が相続される可能性があります。



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional